2006年05月26日

レオせんせー

・玲央くんが教師になって女子校に着任
・小学生並みのちびさに、初等部の児童に間違われてしまう
「ボクどうしたの?」「あら、女の子でしょ」
・担任することになったクラスは運動部系系女子勢ぞろい
・「全員起立!」180cm以上が半数を占める
長身美少女30人が一斉に立ち上がると
教壇に立ってさえ見下ろされてしまう、ちびなレオくん
「レオくんはこう見えても23歳の立派な男の子よ。
股間に大切な玉がちゃんとついてる・・・よね?レオくん?」
先輩女教師のからかいに、真っ赤になって俯き、涙ぐんでしまう

でも気を取り直し涙をためながら
「ボクはみんなよりちっちゃいけど・・
みんなの先生として・・がんばりますので・・
よろしくお願いします」
精一杯の勇気を振り絞るレオくんに拍手でこたえる女子生徒たち

・身体測定で女子生徒の身長を測る屈辱
・いろいろエッチなことも、キスとかおっぱいや股間、お尻タッチとか
・レオくんは子供のころ女の子にレイプされて童貞喪失済
・女子生徒たちにやさしくレイプされるレオくん

200605_06.jpg
posted by 伊藤一蔵 at 00:02| Comment(0) | ネタ帳

2006年05月23日

42度では温く感じる

46度では熱いのに。たった4℃しか違わないのになあ。
同人誌の原稿、まだ数頁しか進んでないのに早くも書き直し。
まあ今までは締め切りのプレッシャーに負けて「取り敢えず絵を入れる」ことを最優先にしてしまいがちで。結局締め切り直前にどーしても気に入らなくて直したりして、却って時間かかってたりするので、まあ焦らずにちょっとずつでも絵を入れるようにしようと思ってます。

200605_04.jpg
200605_05.jpg
posted by 伊藤一蔵 at 01:10| Comment(1) | 日記

2006年05月10日

そうカンタンには変われない

200605_02.jpg
本当はどーでもいい本質的ではない言葉の切れ端にとらわれて
ウツ方向に固定されてしまったので、物理的な行動に走る前にテキトーなところで
帰ってきまして気晴らしにトンコツショーユらーめんにギョーザ、アマゾンで買うつもりで
控えていたマンガ3冊本屋で購入

根本的に曖昧な立場の自分がそうでないひとより矢面に立たされるということが理不尽に感じている。
まあしかし仕事とは不条理なことばかりで、とどのつまり要領が悪いのだ。
文句があるなら別にやらなければいい。ワタシノウケオッテイルノハココマデデス
結局のところ自分が他人に評価されたいだけの自己満足、しかしそんなことを考えている時点で、既に欺瞞
いやちがうな、やっぱり仕事とはそうゆうもんじゃないよ。
いわれなければやらない、なんてそんなしょぼいことはしたくないんだ。
でもたいしたことはできない。現実との乖離。傷つく自尊心などもはやないくらい生きてきたはずなんだけど。

んで読み返したりせずそのままアップするよ、もちろん
われながらうっとーしいけどひとはそうカンタンには変われないのだ
でも少し進歩もしたよ。都合の悪いことは答えないでけっこうヘーキとか。

買ってきたマンガは「ニニンがシノブ伝4」「ネギま14」「ウミショー2」これでいーのだ!
posted by 伊藤一蔵 at 22:32| Comment(2) | 日記

2006年05月09日

なんだかいまいち不調。意味不明な緊張状態の1日。
でも落書きはした。
200605_01.jpg
posted by 伊藤一蔵 at 01:31| Comment(420) | TrackBack(5) | 日記

2006年05月07日

連休終了

今年の連休はあまり休めなかった。
まったく休めなかった一昨年よりはマシだが。
土日は完全に休めたので、夏コミ用の原稿を少し進めました。

割と昔にかいた落書きでも。
200604_03.jpg
200604_02.jpg
posted by 伊藤一蔵 at 21:29| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記